FC2ブログ
こぼれたミルクは皿には戻らないが、猫がなめてくれる

東京都文京区・白山にある喫茶店 喫茶おとらのブログ

犬は吠えるがキャラバンは進む

小沢健二さんがライブで復活するようですね。
というわけで、今回のスルメ音源はコチラ。

犬は吠えるがキャラバンは進む
caravan.jpg

93年の作品なので、もう17年前か。
言わずと知れたフリッパーズ解散後、
シングル「天気読み/暗闇から手を伸ばせ」をリリース。
日比谷野音でライブ(ファーストワルツ・DVD化熱望!)後の
ファーストアルバム。
セカンド「LIFE」で王子様として持ち上げられ、
球体~Eclecticまでは聴いたけど、いまだに聴いているのはこれだけです。

シンプルな楽曲に、とにかく歌詞が素晴らしい!
ごつごつした文体ながら、決意表明みたいなものがひしひしと伝わってくる。
さすがは東大柴田ゼミ(笑)。
夏の終わりごろには、決まって「天使たちのシーン」を聴きます。

海岸を歩く人たちが砂に 遠く長く足跡をつけてゆく
過ぎて行く夏を洗い流す雨が 降るまでの短すぎる瞬間

真珠色の雲が散らばっている空に 誰か放した風船が飛んでゆくよ
駅に立つ僕や人混みの中何人か 見上げては行方を気にしている

いつか誰もが花を愛し歌を歌い 返事じゃない言葉を喋りだすのなら
何千回ものなだらかに過ぎた季節が 僕にとてもいとおしく思えてくる

愛すべき生まれて育ってくサークル
君や僕をつないでる緩やかな泊まらない法則

大きな音で降り出した夕立の中で 子供たちが約束を交わしてる


小沢さん、いまだに小さな音で何百回と聴いていますよ。
うろ覚えの歌詞を口ずさみながら。
あなたがライナーノーツで言っていたようにね。
たとえいまのあなたには全く興味が持てなかったとしても、
僕にはそれで充分なんじゃないかって思います。

コメント

コメントの投稿