FC2ブログ
こぼれたミルクは皿には戻らないが、猫がなめてくれる

東京都文京区・白山にある喫茶店 喫茶おとらのブログ

瀬戸内・直島 香川の旅

2010/12/15~17
新婚旅行で、かねてより行きたいと思っていた直島に行ってきました。
日記というほどでもなく、覚え書き程度に思い出を綴ってみようかと思います。
2日目にデジカメの内蔵データがフォーマットエラーとなってしまい、
もし復旧できたらアップしたいです。

<1日目>
前日、蒲田のビジネスホテルを出発、羽田空港へ向かう。
ANA531 7:40発高松行き、9:00着予定だが...
出発が遅れたのと、高松空港での強風のため、直前にて着陸取りやめ→再トライというトラブル。
空港直前での再浮上は本当に恐かった(笑)

イラストは妻(無許可笑)
IMG_8304_convert_20101218151536.jpg



予定していた四国汽船、10:14高松発直島行きのフェリーには間に合わず、
豊島フェリー11:05高松発直島(本村)行きの高速船に変更する。
飛行機も着陸できないほど強風の中、海は荒れ模様。また高速船は小さい小型船。
乗る前に、「かなり揺れるけど大丈夫かー」
「アトラクションやと思うてください」と言われ、かなりビビる。
乗り物にはかなり弱い2人なんですが...汗

最初はあ、けっこう余裕かもと思っていたのだけれど、これは大間違い。
外海に出るや否や、どーんと打ち付けるような波、波、波。
妻はけっこう余裕でけらけら笑っていましたが、手に汗握る航海となりました。
あと30分乗っていたら...汗
妻は楽しかったらしく、帰りもこれで帰りたい風でしたが固辞いたしました(笑)

11:35直島(本村)着
周辺の展示、「家プロジェクト」鑑賞。植田たばこ店でチケットを購入、
角屋(荷物を置かせていただいた)→護王神社→南寺
→本村ラウンジ&アーカイブで荷物を預け、農協前ちかくのうどん屋さんで食事
→はいしゃ→石橋→碁会所と回る。
はいしゃ前で興奮しすぎて、チケット紛失...。妻呆れる。
その後石橋、碁会所のスタッフの方に特別に入館を許可していただいた。すみません。
残念ながら、きんざはお休み。

メモ
・杉本博司さんの作品は島内いたるところにあったが、この護王神社やベネッセハウスパーク内の
オブジェ等立体作品にひかれるものがあった。
というよりは平面の写真や映像作品はいまいちピンとこなかった。
・今回の旅のお目当ての一つ、はいしゃはやっぱり圧巻。
全景展にもあった自由の女神がどーーーん!間近にし感動。
床面、外壁、内壁のコラージュは相変わらずすごい!!!
・南寺、ジェームス・タレルと安藤忠雄のコラボ。おもしろかった!
漆黒の闇のなか、徐々に浮かび上がる画面。
あまりの暗闇は自分というものの存在を不安定にする(なんちて)。
・本村周辺は人なつっこい猫がたくさん!!!


ベネッセハウスの巡回バスに乗り、宮浦港へ
海の駅なおしまへ立ち寄ったあと、今回の旅のメインイベント、
直島銭湯 I♥湯へ。
14:30頃のオープンすぐであったため、男湯は誰もいない。。。

...のをいいことに写真撮りまくりでした。本当はいけません笑
中ではFripp&Enoがかかっていて、とてもリラックス。
外が寒かったので、お湯が沁みる。
外観、タイル画などたくさん写真を撮って、ゆっくり鑑賞しました。

男湯脱衣所で出会った男性に声を掛けられ、会話。
丸亀からいらしたそうで、
私「帰りに丸亀の猪熊玄一郎現代美術館へ寄り、うどん食べて帰れたらと思っているんですよー」
男性「それなら、美味しいとこ紹介するからメールして」
とお名刺をいただく。
なんと丸亀で珈琲の焙煎をしているご同業の方。
私「東京の白山というところで紅茶の喫茶店やってるんですよー。珈琲もあるんですけど。」
男性と話が盛り上がり、もし丸亀に寄れたら連絡しますという約束をして別れる。

銭湯料金所のおばちゃんと妻がでてくるまで会話。
おばちゃん「地中美術館行った?」
私「まだです。」
おばちゃん「中に、モネの何千万とかする蓮花の絵の前のタイル、私らが貼ったんよー。
アルバイトで笑」
私「まじすかー? 明日行くんで見てきますわー笑」
おばちゃんは結婚して埼玉に住んでいたが、義母の面倒をみるために、10年まえに直島にきたそう。
「田舎で、なんもなくて、静かでつまらんわー」と笑顔で話していたのが、印象的だった。

巡回バスで、ベネッセハウスへチェックイン。今日はオーバル403号室
リチャード・ロング「人指し指によるエイヴォン川の泥の環」という作品が壁面に。
眺めも素晴らしく最高でした!
IMG_6294_convert_20101218151456.jpg

コメント

コメントの投稿