FC2ブログ
こぼれたミルクは皿には戻らないが、猫がなめてくれる

東京都文京区・白山にある喫茶店 喫茶おとらのブログ

瀬戸内・直島 香川の旅 3

<3日目>

前日夜にざーっと立てたスケジュールは、10:50頃の宮浦行きベネッセバス
→11:30高松港行きフェリー→12:30着高松港のち荷物を預けて、12:43発/13:08着もしくは
13:13発/13:38着のJRで丸亀入り→うどん食べ、丸亀市猪熊弦一郎現代美術館鑑賞
→5:00頃丸亀発の電車で高松に行けば19:10の飛行機に間に合うだろうという青写真。

朝早めに出発、ベネッセハウス周辺の作品(主に屋外のオブジェなど)
をほとんど見ていないので、散歩がてらぶらぶらと鑑賞。

まずは蔡國強 文化大混浴 直島のためのプロジェクト。
ジャグジーバスの周りに、風水によって置かれた石多数。

→ジョージ・リッキー 三枚の正方形 風で可動するのを知らずにびっくり!
→片瀬和夫 茶のめ ちょっと高いところに鎮座するブルーの丼(笑 タイトル含め面白かった!
IMG_0488_convert_20101221165824.jpg


→ウォルター・デ・マリア 見えて/見えず 知って/知れず
直島2点のうちの1点。残念ながらメンテナンス中で、ケースの中でした。 
→ 大竹伸朗 シップヤード・ワークス 切断された船首/船尾と穴の2点
置いてあるロケーションも最高。船首の方は、海のほうへ向かってみると、
まるで海から這い出てきたかのよう!笑

パーク方面にはニキ・ド・サンファールの動物系オブジェと
例のよく写真で見る、草間彌生「南瓜」などなどを鑑賞。

バスの時間までのんびりすごす。

と、ふと思い出して、直島銭湯でお会いした丸亀のおじさんに
3時間程度しか時間がないということも含めて
駅周辺の美味しい、おすすめのうどん屋さんをメールで聞いてみる。
まもなく返信があり、なんと!電車が着くころ駅まで迎えにきてくれるとのこと。
時間がないので申し訳ないなと思い、電話したところ、
気にしないでということだったので、お言葉に甘えてみることに。
内心テンション上がる笑

予定通り12:30高松港着。
これは急げば43分発の電車に乗れるのでは~ということで、
荷物を預けず、駆け足で駅へ。
なんとか間に合い、丸亀着。
丸亀で自家焙煎のコーヒ屋を営む、大西さんと無事再会。

空港まで送ってあげるから時間は気にせず(結果的に荷物は預けず大正解!)、
美味しいうどんを食べに行こうというありがたい申し出をいただき、
大西さん運転の車で、有名だという
中村うどん(兄)へ。
IMG_9217_convert_20101221170051.jpg



大西さん曰く、ほんとは中村うどん(弟)のほうがおすすめだったのだけれど、
今日は残念ながらお休み。大西さんも(兄)へ行くのは2年ぶりだそう。
途中、平地にニョキっとそびえたつ讃岐富士や山々の解説を聞きながら
(話がほんとーにおもしろかった!)、中村うどん(兄)着。
ゆがいたうどんに、卵をのせ、薄口醤油、ねぎ、しょうがをかけていただく。
和製カルボナーラだそうだ。

いやこれが、僕ら的には充分おいしいうどんなのだが、
大西さんに言わせると、(こそっと)「65点」
中村うどんは、「ネギが欲しかったらとなりの畑で取ってこい」
という超セルフな店で有名ということだったが、現在そんなことはありません笑
昔の面影はほとんどなく、今では観光客でにぎわううどん屋さんになったということです。
大西さんも2年ぶりに来て、その変貌ぶりにびっくりしておられた。
それがよかったのか悪かったのかはわかりませんが。

もう一件、大西さんおすすめの明水亭へ。
こちらは讃岐うどんを料理の域に高めた(大西さん談)というお店。
オーナーはフランスの日本料理店に勤めていたという経歴。
地元ではありえないお値段ということです。
中村うどんは大2玉300円、小1玉200円。
こちらは、僕が食べた鴨ネギうどん1480円、妻の食べた肉うどん980円(だったかな?)。
うどんはぜんぜん違うタイプで、美味しかったです。

駅までもどる道すがら、映画UDONロケ地、撮影に使われた小学校、バーなどを巡り、
丸亀市猪熊弦一郎現代美術館へ。
ベネッセ周辺にもあった杉本博司さんの特別展が開催中で、
お目当ての猪熊弦一郎の作品が思ったより少なめだったのが残念。
建物が贅沢なスペースで、素敵でした。
画集を買い、併設のカフェでお茶を飲み、
大西さんのお店・珈琲倶楽部へ伺い、珈琲豆を買って、空港まで送っていただきました。

大西さん、半日お付き合いいただき、本当にありがとうございました。
おかげで、少ない時間ながら貴重な体験ができました。
偶然ご同業だったこともあり、お話しできて大変勉強になりました。

帰りの飛行機内で、耳鳴りがひどく頭痛に気を取られ、
めくっていた猪熊弦一郎の画集を忘れるという失敗もありましたが
(1時間後に発見)、無事に帰宅しました。
IMG_1165_convert_20101221170216.jpg



おわり。

コメント

コメントの投稿